衣装レンタルを利用する時の注意点

適当に衣装を選択してはいけない

自分にフィットする衣装を選択する

このコラムをシェアする

試着すれば問題ない

サイズが合わなかったというトラブルを回避するために、必ず試着をしてください。
ほとんどのお店では、試着をして良い決まりになっています。
見た目は余裕がありそうに見えても、小さく作られていて実は着用できなかったというケースが時々見られます。
衣装は、実際に着てみないと自分にフィットするのか分かりません。
サイズを確認して、自分が普段着用しているサイズだったら大丈夫だと思うかもしれません。

ですが衣装によって、表記されているサイズが同じでも微妙に異なることが多いです。
表記されているサイズだけでは、自分に合うのか分からないと覚えておきましょう。
しっかり身体に合うサイズの衣装を着ることで、とても華やかに見えます。

前もって予約しておこう

イベントの日に必ず気に入った衣装を着られるように、前もって予約するのがおすすめの方法です。
イベントの当日に借りようと思っても、すでにいくつかの衣装は他の人に取られているかもしれません。
特にイベントが重なるシーズンだと、取られる可能性が高くなります。
予約ができるか確認して、できるのであれば早く決めておきましょう。

衣装を予約したら、体型が変わらないように注意してください。
少し太ったり痩せたりした場合は、それほど問題は起こりません。
しかし予約した時より、大幅に太った場合は選択した衣装をきついと感じるかもしれません。
イベントが重なるシーズンはおいしいものをたくさん食べて、太りやすいです。
自己管理を徹底しましょう。